読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球練習の合間に野球マンガを読もう!!

野球マンガが好きな人人へ!無料アプリを使えば気軽に立ち読み、ダウンロードができますよ!色々な野球マンガのあらすじが載ってます!

無料で読める野球漫画でおすすめ!バトルスタディーズの2巻感想とまとめ



バトルスタディーズは、一味違った野球漫画です。

 

まさにその感想のまとめとして、バトルスタディーズについて触れていきます。野球とは、直接的には、9人対9人で戦うものですが、実はその裏の、監督・マネージャーその他関係者全員のチームプレーといえます。

こうした観点から、バトルスタディーズ2巻を読むと、人生が変わるような教訓にあふれていることに気づきます。ストーリー全体としては、対外試合、紅白戦、寮生活などに関連し、狩野太郎ら1年生は一つ屋根の下、寝食を共にする状況にあります。

 

こうした合宿生活においては、「パイセンの命令は天の声」「逆らうヤツはあの世行き」といったフレーズには、とても説得力があります。話題沸騰の超リアル高校野球漫画の第2巻であり、第1巻のストーリーが、第3巻に整合的につながっていくでしょう。

作者のなきぼくろ氏とは?

 


著者であるところの、なきぼくろ氏は、大阪の名門PL学園出身で、9番ライトとして甲子園に出場経験があります。

まさに、この経験を反映したストーリーとなっており、このような斬新な内容は、なぎほくろ氏以外には、書くことが困難であることは自明といえます。

 

なぎほくろ氏は、2回戦で福井県の福井商に敗退したわけですが、その悔しさを作品に昇華したと評価できます。

 

2試合ノーヒットで最後の夏が終わってしまいましたが、漫画の世界では、満塁ホームランと表現できます。モーニング主催・第34回MANGA OPENでeBOOKJapan賞を受賞し、本作で週刊連載を獲得しました。


他方、この漫画から得られる教訓を敷衍するとすれば、まさに友情パワーの大切さといえます。友情とは、友達と友達の関係性から生じる力のことですが、まさにこの漫画において、その大切さが描かれています。

 

その際、学年が異なる、先輩・後輩の間においても、そうした友情が、上下関係とともに、描かれていて、その絶妙なマッチングがバランスがとられています。

 

野球では、ピッチャーやキャッチャーがでてきますが、それのみならず、バッターも描かれています。

 

バッティングと投球の微妙な駆け引きは、まさに、なぎほくろ氏ではなければ、描けないものです。こうした中にも、信頼関係が醸成されるところが、まさに野球漫画の醍醐味です。

 

この本は、高校生、中学生を中心に、社会人や高齢者にも受け入れられていますが、海外でも注目をあびる可能性も秘めています。

 

クオリティーが高く、値段の割にコストパフォーマンスも高いです。こうした漫画と出会えることで、自分の中のクリエイティビティーもみがかれることとなります。

まさに、現代的かつ古典的な名作として、野球漫画の新時代の覇者となるものです。感想としては、上記のとおりです。

 

人気のマンガバトルスタディーズ2巻も スマホで無料立ち読みできます。それと、無料で読めりマンガもあるのでチェックしてみてください!!

マンガ無料立ち読み

スマホで野球漫画を無料で読めるアプリ!ダウンロードも簡単(^^♪