読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球練習の合間に野球マンガを読もう!!

野球マンガが好きな人人へ!無料アプリを使えば気軽に立ち読み、ダウンロードができますよ!色々な野球マンガのあらすじが載ってます!

ネタばれ注意!準決勝の決着!スマホで見たダイアのエース40巻の感想とまとめ

 

ダイアのエースは野球の強豪校が甲子園出場を目指して奮闘していく青春野球マンガです。

 

 

名門校ならではの悩みや難題と格闘しながら成長していく、まったく新しいタイプの作品です。


ダイアのエース40巻は青道高校とライバル校との間でついに決着がつく話がメインとして取り扱われています。

 

前巻でツーランホームランを打たれた沢村は、その後落ち着きを取り戻し2アウトまでこぎつけます。

 

すると片岡は沢村を川上へと交代させました。この交代が功を奏し、無事にバッターたちを抑えこむことに成功しました。

 

これまで打たれてしまうことの多かった川上ですが、メンタル的にもタフになり、ピンチの場面でもきちんとシャットアウトできるようになったのです。


強打者を抑えた後の裏の攻撃では、御幸が見事なサヨナラホームランを放ち、青道高校が見事に接戦を制しました。

 

 

いよいよ決勝の舞台へ!

 


監督の片岡とコーチの落合は、決勝の相手となるライバル校の試合を観察しに行きました。決勝で当たった場合、どのような戦略を取るべきかをスタンドで相談し合います。

 

もし決勝で当たるとしたら、彼を敬遠で歩かせるべきか、といった具体的な話も飛び出しました。

 

片岡と落合の戦術眼が光るシーンでもあります。ただ試合を見るだけではなく、しっかりと決勝のことをイメージしながら分析する様はさすがといった印象です。


御幸が準決勝で怪我をしたのですが、病院へは行かない決断をします。

 

それは片岡のためにも、決勝を欠場することはできないと判断したからです。ここでは御幸の男としてのプライドや、片岡への感謝の気持ちなどを垣間見ることができ、読者側も思わず目頭が熱くなってしまうはずです。

 

また、決勝で青道高校は勝利を収めることができるのかなど、次巻への期待が膨らむ幕切れとなっています。


ダイアのエース40巻の感想まとめとしては、サヨナラホームランという劇的な形で勝利した準決勝の模様や、御幸怪我のことを片岡に隠して決勝へ出場して恩返しがしたいという熱い気持ちを感じることができる内容となっています。

 

目が反せないマンガ、ダイアのAをスマホでいつも持ち歩けるのをご存知ですか?

1台だけでなく複数の機器でダウンロードすれば最大5つの機器で見れるので是非アプリを入れてみてください。

スマホで野球漫画を無料で読めるアプリ!ダウンロードも簡単(^^♪

スマホで野球漫画を無料で読めるアプリ!ダウンロードも簡単(^^♪