読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球練習の合間に野球マンガを読もう!!

野球マンガが好きな人人へ!無料アプリを使えば気軽に立ち読み、ダウンロードができますよ!色々な野球マンガのあらすじが載ってます!

ハラハラの試合展開!スマホアプリで読んだダイアのエース38巻の感想とまとめ


ダイアのエース38巻の感想まとめです。

 


いよいよ秋季大会準決勝を迎えました。春の甲子園センバツ出場のために、負けられない試合です。

 

相手はフルスイングが持ち味の強力打線で勝ち進んできた成孔学園です。

 

青道高校の先発は降谷で、心配された初回の立ち上がりを無失点で切り抜けます。一方、青道打線は序盤から爆発し、2回裏の攻撃で早くも4点目を奪いました。成孔学園はたまらず1年生ピッチャー・小川に交代します。

変わりっぱなでいきなりデットボールによる押し出しで失点しますが、後続は打ち取り、個人の能力の高さを伺わせます。


試合は中盤戦に入ります。ここまで無失点に抑えてきた降谷ですが、4回の守備でベースカバーに入ったときに足の違和感を感じます。

 

それからピッチングのリズムが悪くなり、徐々に成孔学園に追い上げられてきます。青道打線は、リリーフで登板した小川の前に完全に沈黙してしまい、追加点を上げられない状況になり、追われる立場となってしまいます。

 

読んでいるだけでも汗が出るような展開!

 

そして七回表の成孔学園の攻撃、降谷は力を振り絞って威力のある球を投げ込みます。


このダイアのエース38巻のまとめとして、いよいよセンバツ出場が見えるところまで勝ち進んできた青道高校が、準決勝に挑みますが、序盤の攻勢から一転して追い上げられる立場となり、降谷のエースとしての自覚が芽生え始めることにあります。

 

捻挫は完治したものの、同じ箇所を再発した様子です。本来であればすぐに沢村か川上を登板させる場面が何度もあるのですが、降谷はエースとしてマウンドを下りることは許されないと、身をもって証明しています。

 

この時点では勝っているものの、この先の試合展開が非常に厳しくなるのは間違いありません。秋季大会の準決勝でひとつの山場を迎えています。


これからのダイアのエースは、まさにハラハラドキドキの展開が待っています。どんな結果が待っているのか、そして沢村の登板はあるのか、とても楽しみです。

今でもマンガのダイアのA、スマホでダウンロードすれば、通勤、通学の合間にもよめるますし、ほかの無料マンガもあるのでぜひチェックしてみてください。

無料で結構読めますので、損はないですよ!

マンガ無料立ち読み

スマホで野球漫画を無料で読めるアプリ!ダウンロードも簡単(^^♪