読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球練習の合間に野球マンガを読もう!!

野球マンガが好きな人人へ!無料アプリを使えば気軽に立ち読み、ダウンロードができますよ!色々な野球マンガのあらすじが載ってます!

スマホで立ち読みした!ダイアのエース37巻の感想まとめ


それぞれの思いが交錯!

ダイアのエース37巻の感想とまとめです。


春のセンバツ出場を目指して秋季大会に挑む青道高校は、遂に4強入りを果たしました。

出場した選手たちは成長著しく、結果を残しています。

 

しかし、控えに甘んじている選手も、出場する機会を得るため、日々練習に打ち込んでいます。

そうした試合に出場したいという飢えを感じ取り、片岡監督はレギュラー組対控え組での練習試合を行うことになりました。


試合は降谷と沢村の投げあいとなり、両投手とも素晴らしい投球を披露します。

 

野手も攻守にわたり好プレイを見せます。控え組みに回った選手たちもレギュラー組みに負けない内容のプレイをし、実力の高さと努力の成果をレギュラー組に見せつけます。

 

練習を重ねても試合に出ることが出来ない状況に、それぞれ野球やチームに対する思いがありますが、それらがこの試合で交錯し、部員同士切磋琢磨を重ねていきます。

そして、チームが一つにまとまって、良い雰囲気で準決勝の試合に挑みます。


ダイアのエース37巻のまとめとして、秋大で優勝しセンバツ出場という目標へ向かって、それぞれの思いが交錯する巻になります。

 

紅白戦では控え選手の試合に出たいという飢えた気持ちと、日ごろ積み重ねてきた練習の成果をレギュラー組に見せつけます。

こうした選手同士の切磋琢磨があって、チームが強くなっていく様子は読んでいてワクワクします。

 

片岡監督と落合コーチとの溝!

 

ところが、そうした片岡監督の育成方針をどう思っているのか、今の段階では判らない様子の落合コーチがとても気になります。

 

選手だけではなく、指導する立場にもそれぞれに抱えていることや考えがあります。それは、このダイアのエースがただのスポ根マンガではなく、高校野球そのものをリアルに描いています。

 

作者自身が高校野球をされていたこともありますが、それ以上に綿密な取材を生かして、高校野球の面白さを作品の中で再現されているのではないでしょうか。

 

実際の球児たちも、この作品のように部員それぞれが抱える思いがあるはずです。そうしたリアルな思いを、特にこの巻で再現しているように感じました。

ドキドキする野球マンガ、ダイアのA!! 是非スマホアプリで立ち読みしてみてください!

登録法とかはここにあります。

スマホで野球漫画を無料で読めるアプリ!ダウンロードも簡単(^^♪

スマホで野球漫画を無料で読めるアプリ!ダウンロードも簡単(^^♪