読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球練習の合間に野球マンガを読もう!!

野球マンガが好きな人人へ!無料アプリを使えば気軽に立ち読み、ダウンロードができますよ!色々な野球マンガのあらすじが載ってます!

スマホで読める、ダイアのエースの32巻まとめと感想


ダイアのエースは有名な名門校を舞台にした熱い野球マンガです。

 

主人公は野球の才能に恵まれながらもどこか気の抜けた個性の強い男で、彼を中心に物語は進行していきます。


第32巻では鵜久森戦のクライマックスが描かれています。鵜久森高校に終始押されている青道高校は、実力を発揮しているにも関わらず相手ペースに持って行かれてしまいます。

さらに春市が見事なプレーでボールをキャッチしたものの、慎重になってしまったことでダブルプレーが取れずに失点、また前園のバックホームへの送球ミスでも得点を奪われるなど、不必要な失点を重ねてしまいます。

 

一見すべて運のように見えますが、運までも味方につけてしまう鵜久森高校のしたたかさが現れているシーンでもありました。


この流れを断ち切ったのがムードメーカー的な存在の沢村でした。ベンチから大声で奮起を促す言葉を発したことで、他の選手たちの意識も変わりました。沢村の言葉によってそれ以降のピンチは防ぎ、抑えきったのです。

 

川上が9回を任される!


9回は川上が沢村を差し置いてマウンドへと上がります。勝負どころで起用されることがなかった川上の胸中は複雑だったでしょうが、そういった部分は表に出さずに淡々と抑えていきます。

 

失点は多かったもののミスは少なく、打線も決して悪いとは言えない内容でした。

それでもこのような接戦となったことは、まだまだ試合をコントロールする力が足りていないという証拠なのかもしれません。


ダイアのエース32巻の感想まとめとしては、名門校とはいえ簡単に勝つことができないという野球の難しさをはっきりと描いています。

 

しかしそんな試合でもしっかりと勝利を収めるあたりが、青道高校の凄さでもあります。


ただ、新たに怪我人が出るなど、今後に向けて課題も残る試合となりました。

ダイアのエース32巻のまとめとしては、白熱した試合を制した青道高校でしたが、まだまだ茨の道は続くということを実感させられる話だったと言えます。

 

君のスマホでダウンロードしてマンガが読めます! 無料立ち読みもあるので、是非、登録してくだささいね

マンガ無料立ち読み

スマホで野球漫画を無料で読めるアプリ!ダウンロードも簡単(^^♪