読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球練習の合間に野球マンガを読もう!!

野球マンガが好きな人人へ!無料アプリを使えば気軽に立ち読み、ダウンロードができますよ!色々な野球マンガのあらすじが載ってます!

夢の対決!スマホで読んだ、ダイアのエース27巻の感想まとめ

3年生の代が夏の本戦の決勝、稲実との試合に負けた後、新しい代になってしばらくたった後の話です。

 

秋の本戦前、引退した三年生たちが引退試合を早めてほしい、と言って引退試合が前回始まりました。個人的には、沢村や降谷の憧れであった三年生たちとバチバチの戦いができるという事で、とても楽しみにしていた巻でした。

 

ピッチャーは最初は降谷。後から沢村が出てきます。

降谷は言わずと知れた剛速球を投げる投手ですが、三年生たちにはそれだけでは通じずに、元キャプテンにスプリットをしっかりとはじき返されていたのが非常に印象的でした。

 

「お前はまだまだなんだ、もっと成長しろ。」と元キャプテンがプレーで言っていた気がしました。ダイアのエースは割とプレーで伝えてくる先輩が多いように感じます。

 

実力主義な面もあるので納得できるし、本当に大事なことってプレーでしか伝えられないのではないかなと思います。

 

沢村の成長!

また、沢村がマウンドに上がって、クリス先輩をしっかりと打ち取った場面は、27巻の一番のシーンだと個人的には感じました。

 

今まで、沢村はクリス先輩に多くのことを教えてもらっていました。沢村自身、あまりクリス先輩に恩返しができていなかったと感じていたと思うので(クリス先輩の代わりに?一軍に上がっていますし)、夏を経て、しっかりと成長したことを、先輩が伝えてくれたように沢村もプレーで伝えることができたと思いました。

 

また、この巻では、現役の選手全員が、監督が秋まででやめてしまう事を知る巻です。それも先輩たちが教えてくれました。

そのことによって、現役の選手たちに「負けられない理由」ができたわけです。失うものがない人間と、守るべきものがある人間。

 

より強いのは後者であると自分は思っています。ゆえに、ダイアのエースを27巻以降読んでいくにあたり、青道はきっと甲子園出場を成し遂げてくれる。

 

すべては監督のために、と確信した巻でした。これからが楽しみなダイアのA、

スマホやタブレットでも無料で立ち読みできます!また、期間限定で全部無料で読めるマンガもありますから是非登録してみてください!

 

 

スマホで野球漫画を無料で読めるアプリ!ダウンロードも簡単(^^♪