読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球練習の合間に野球マンガを読もう!!

野球マンガが好きな人人へ!無料アプリを使えば気軽に立ち読み、ダウンロードができますよ!色々な野球マンガのあらすじが載ってます!

決勝もいよいよ終盤戦!スマホで読んだ、ダイアのエース21巻の感想とまとめ

 

ダイアのエースは熱血名門野球部を題材にした高校野球マンガです。

 

一般的な野球マンガとは異なり、弱小校ではなく名門校が舞台なので、非常にシビアで戦略的な戦いが多く、見応えも十分な作品です。


しかし主人公は欠点の多い熱血バカといったキャラクターで、そんな彼のおかげでコメディ要素も感じられる物語となっています。

 

そんなダイアのエースの第21巻の感想まとめですが、終始決勝戦の終盤戦が描かれており、とても白熱したシーンの連続です。


前巻でも描かれていた西東京地区大会の決勝戦の続きが見られます。具体的には8回表の青道高校が攻撃をする場面から始まり、9回裏の稲城実業が攻撃しているところまでが描かれています。


ここでメインとなっているのはエース対4番の激闘です。

稲城実業のエースは関東ナンバーワンとの呼び声も高い成宮で、一方の青道高校の4番はプロ球団のスカウトも注目している結城哲也です。

彼らの対決は21巻全体を通して何度も繰り広がられており、そのどれもが見応えたっぷりです。


状況としては2アウト満塁で、1本ヒットを打てば逆転も可能という場面で結城哲也がバッターボックスに入ります。相対するのはエースピッチャーの成宮で、手に汗握る目の離せないシーンとなっています。

 

エース対4番の対決!


青道高校の面々は何とかして4番まで回そうと精一杯努力します。

 

期待に応えるために結城哲也も4番としての役割をしっかり果たそうと躍動する場面も目頭が熱くなるほどの迫力が描かれています。

 


最終的には右中間へ2点タイムリーヒットを放ち、青道高校が逆転します。そして対決を制した結城哲也が大きくガッツポーズを取ったシーンは4番としての意地とプライドが感じられる熱い1コマでもありました。


ダイアのエース21巻の感想のまとめとしては、どの場面も臨場感溢れるシーンばかりで目が離せません。

そして最終決戦ということでこれまでの激闘の数々が走馬灯のように蘇り、心をぐっと揺さぶられることは間違いありません。

スマホやタブレットのアプリででダイアのAをダウンロードでいつも持ち歩いて野球のモチベーションをアップしよう!

 

立ち読みなら無料で読るし、毎月無料マンガも!!

 

スマホで野球漫画を無料で読めるアプリ!ダウンロードも簡単(^^♪