読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球練習の合間に野球マンガを読もう!!

野球マンガが好きな人人へ!無料アプリを使えば気軽に立ち読み、ダウンロードができますよ!色々な野球マンガのあらすじが載ってます!

試合のスピード感がある!ダイアのエース18巻の感想とまとめ

 

ダイアのエース18巻の感想まとめです。


夏の高校野球地区予選大会決勝戦を翌日に控え、青道ナインはそれぞれリラックスしていました。

一方で、決勝戦へ臨むのは指導する監督・コーチも同じです。それぞれに、自分の教え子を甲子園へ連れて行かせたいと願っていました。


遂に、運命の決勝戦を迎えました。勝てば甲子園という大事な一戦で、青道に立ちはだかるのは稲城実業のエース成宮です。

初回の青道高校の攻撃は、成宮に揺さぶりをかける作戦をとり、1アウト・ランナー3塁のチャンスを迎えます。

3番伊佐敷は初球のスライダーを振り抜き、しぶとくポテンヒットを打ち、あっさりと先取点を挙げました。しかし、4番結城の場面では、成宮のチェンジアップが炸裂し、以降のバッターも抑えます。


青道高校の先発は降谷です。この日の降谷は非常に調子がよく、稲城打線をテンポ良く抑えます。それに対し稲城のエース成宮も、初回に1点を取られたもののその後は調子を取り戻し、試合は投手戦となっていきます。

青道高校は4番の結城が2打席連続で三振をとられ、改めて成宮というピッチャーの壁の高さを実感し始めました。


イニングはは4回へ進み、降谷に疲れが見え始めた頃、稲城打線は徐々に降谷の球を捉え始めます。バックの守りに助けられながらも無失点に抑えている中、稲城実業の4番・原田を打席に迎えることになります。


ダイアのエース18巻で、ようやく地区大会決勝戦が始まりました。相手は因縁の稲城実業となり、どんな結果になるのか今から楽しみです。ダイアのエースは登場するキャラクターそれぞれが個性的で魅力的です。

 

その反面、主人公の沢村の活躍が少ないのは残念な感想です。話は変わりますが、この巻の最後のコマに出た稲城の原田ですが、誰かに似ていると思いませんか。

 

そう、あの『タ○チ』の原田君そのものの見た目じゃないですか。それ以外にもダイアのエースには格闘家の名前をモジったり、様々なオマージュ的な要素があるのも面白いです。


さてさて、決勝戦はどんな結果になるのか、次号がますます目が離せません。

ダイアのA 18巻をスマホで無料立ち読みできます。時期によっては無料なことも。。。

 

スマホで野球漫画を無料で読めるアプリ!ダウンロードも簡単(^^♪