読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球練習の合間に野球マンガを読もう!!

野球マンガが好きな人人へ!無料アプリを使えば気軽に立ち読み、ダウンロードができますよ!色々な野球マンガのあらすじが載ってます!

試合の興奮が冷めない!ダイアのエース14巻の感想とまとめ

 

ダイアのエース14巻ではダークホース薬師高校との試合の決着が描かれていました。


ダイアのエース14巻の注目するべきところはエース丹波光一郎の復活劇ではないでしょうか。


丹波歯野球名門校青道高校のエースとして活躍を期待されていたのですが、夏予選前の練習試合で顎にデッドボールを食らったことで長期離脱を余儀なくされてしまったことで青道高校は夏予選をエース不在のまま挑むことになってしまい、1年生の沢村榮純、降谷暁、2年生の川上憲史の3人の継投で何とか準々決勝まで勝ち上がってきましたが、今回の薬師高校との準々決勝でこの3人の継投がついに破られてしまい、青道高校はまだ万全でないエース丹波にすべてを託すことになってしまいます。

 

エース丹波の登場!


丹波の大会前の怪我というのは他校には知られていない状況なので、他校としては野球名門校であるから準々決勝までエースを温存していたと思われ、この状況を逆手に取った作戦も今までの試合であったのですが、14巻でついにエースである丹波がマウンドに立つことになります。


万全な状態ではないのでコントロールが定まらない状態の中、球自体の力によって彼の代名詞ともいえるカーブの制度は完ぺきに近く、川上の作ったピンチをエースらしく抑えていました。


薬師高校の轟雷市との直接対決でも、新変化球フォークが完璧に決まり、エースとしての存在感を示すことに成功しました。


丹波の活躍によりやっと青道高校の役者が全員そろい、物語は準決勝に向かいますが、まだ、エース丹波に先発をさせることはないのではないでしょうか。


しかし、丹波の活躍により、本格的に甲子園への道が見えてきたのではないでしょうか。


感想のまとめとしては、待ちに待ったエース丹波の復活が描かれており、特に丹波がマウンドに上がっていくシーンは格好良すぎて鳥肌ものでとても面白かったといえるのではないでしょうか。


以上のように感想を述べましたが、読む人によってとらえ方や感動場面も違い、ほかの楽しみ方もあるでしょうし、一度ダイアのエースチェックしてみてください。

 

立ち読みなら、無料でも読めますのでぜひ14巻を読んでみてください!

 

スマホで野球漫画を無料で読めるアプリ!ダウンロードも簡単(^^♪