読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球練習の合間に野球マンガを読もう!!

野球マンガが好きな人人へ!無料アプリを使えば気軽に立ち読み、ダウンロードができますよ!色々な野球マンガのあらすじが載ってます!

登場人物の成長がめまぐるしい!ダイアのエース12巻の感想とまとめ

ダイアのエース12巻の感想まとめです。


ベスト8に進出した青道高校野球部ですが、対戦相手は誰もが同じブロックのライバル市大三高になると思っていました。

ところが、その市大三高が薬師高校に破れるという大波乱がありました。薬師高校は4番に座る1年生スラッガー轟雷市を中心に打撃のチームとして勝ち上がり、ベスト8で青道高校と対戦することになりました。


試合直前、薬師高校は打撃のキーマンとなる雷市を1番におき、1打席でも多く段順が回るように仕掛けてきました。

これに対して、青道高校は降谷・沢村・川上の3人で継投する作戦をとります。この継投には、実は怪我で調整中の丹波を登板させるかもしれないという含みも持たせています。

 

準決勝をかけて試合開始!


いよいよ試合開始となり、早くも降谷と雷市の対戦を迎えました。降谷はいつもどおりの豪腕振りを披露しますが、雷市は3球目のストレートを詰まらせながらもフェンスを直撃する2ベースヒットを放ちます。

 

更に、薬師打線は降谷の高めストレートを狙い撃ちし、先取点を挙げました。いきなり先取点を奪われた青道高校ですが、その後はバックの守備に助けられ、1点のみで切り抜けます。その裏、青道高校の攻撃では打線が繋がり、一挙3点をとり、あっさりと逆転に成功します。


そこからの降谷のピッチングは安定します。バックを信頼して、ランナーがいない状態でもセットプレーから投球し、ベースカバーもこなせるようになり、ピッチャーとして着実に成長しているプレーを見せます。


3回ツーアウトを取り、薬師打線が2順目に入るところで、遂に沢村がマウンドへ向かいます。果たして雷市を抑え、沢村はチームに勢いをもたらすことが出来るのか、というところで次号へ続きます。


このダイアのエース12巻では、特に降谷がめまぐるしく成長します。ようやく力押しだけでなく、ピッチャーらしい姿になってきたという感想です。

 

勝ち進むごとに相手が強くなっていきますが、その分自分たちも強いチームへと成長していきます。今回、降谷の登板回数は短いですが、ピッチャーとして成熟した姿を見せてくれました。

今後のダイアのエースの展開と、沢村の成長が楽しみになってきました。

 

ダイアのエース、スマホでも無料立ち読みが出来るようなので、一度覗いてみて下さい!それと、毎月無料で読めるマンガもあるようです!

 

スマホで野球漫画を無料で読めるアプリ!ダウンロードも簡単(^^♪