読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球練習の合間に野球マンガを読もう!!

野球マンガが好きな人人へ!無料アプリを使えば気軽に立ち読み、ダウンロードができますよ!色々な野球マンガのあらすじが載ってます!

名言もたくさん!ダイアのエース5巻の感想とまとめ

 

ダイアのエース5巻の感想まとめです。


のこり2枠となったレギュラー昇格を賭けて挑んだ、黒士館との練習試合で、リハビリを続けていたクリスが遂に出場しました。

 

沢村は尊敬するクリスとバッテリーを組むことを待ち望んでいて、素晴らしい立ち上がりを披露しました。

 

青道ペースで試合は進むかと思えたとき、かつてのクリスのライバルである財前が牙をむきます。ターゲットを肩の故障しているクリスに絞り、青道はピンチを迎えますが、沢村の機転と、ここ一番で見せた伸びのあるストレートで危機を脱しました。


試合後、青道野球部の選手全員が監督に呼ばれ、残り2枠の1軍メンバーが発表されました。沢村と、同じ1年の小湊春市でした。春市は非凡な守備力と打撃センスがあり、総合的な能力が高く、妥当な昇格でしたが、クリスが落選したことに沢村は思いつめることになります。

 

クリスの分まで自分が頑張らなければと気が焦り、無茶な練習を重ねますが、それを察したクリスに諭され、沢村はいつもの明るさを取り戻したのです。そして、いよいよ夏の県予選が始まる直前の、地獄の合宿がスタートすることになりました。

 

夏の予選へ!


ダイアのエースの5巻で、ようやく夏の予選を戦うメンバーが出揃うことになりました。

 

野球部員の中で最も野球について詳しく、キャッチャーとしての才能も非凡なものを持っていたクリスが落選したことは、複雑というのが正直な感想でした。

スタメンマスクを被る御幸とのレギュラー争いを見たい気もありました。ただ、肩の故障を抱えるため、やっぱりそうなったかと納得の結論とも思えます。

 

おそらく怪我で試合に出ることが出来ない、才能豊かな選手は、実際の高校野球でも多くいます。ですが、クリスの『プレイヤーとしての道を諦めちゃいない』というセリフは、そうした不遇の境遇に見舞われた選手たちへ、エールを送っているのだと感じました。

 

ダイアのエースという作品は、高校野球に賭ける選手たちを、リアルに描いているのです。

まだ5巻読んでいない人は、スマホとかタブレットで無料立ち読みだけでもしてみてください!

 

 

スマホで野球漫画を無料で読めるアプリ!ダウンロードも簡単(^^♪