読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球練習の合間に野球マンガを読もう!!

野球マンガが好きな人人へ!無料アプリを使えば気軽に立ち読み、ダウンロードができますよ!色々な野球マンガのあらすじが載ってます!

続きが待ち遠しい!ダイアのエース8巻の感想まと

 

 前巻でエースの丹波がデッドボールを受けてしまい、野球部全体の雰囲気が落ち込んでしまうダイアのエース8巻は、主人公である沢村栄純やライバルである降谷暁にとってはピンチをチャンスに変える機会となりました。


丹波はアゴの骨にひびが入る重傷を負い、甲子園予選には間に合わない可能性が出てきてしまいます。

しかし、監督はエースとして目覚めつつあった丹波にエースナンバーを託すことを決め、丹波が復帰するまでチーム一丸となって戦うことを宣言するのです。そして、栄純と降谷の一年生ピッチャーコンビは試合の出番が増えることを伝えられます。


ふたりはクリスの練習メニューを着実に消化していきますが、学生の本業である勉強面を疎かにしていたため期末テストのための勉強で苦戦してしまいます。

しかし、同じ一年生の仲間が勉強に付き合ってくれることで乗り切り、野球部の中で一年生の代表でもあるということを自覚するのです。

 

甲子園が予選開幕!


そして監督から背番号が配られ、いよいよ甲子園予選が開幕します。


初戦は降谷が先発に指名され、試合が始まります。青道は初回の攻撃ではつまずいたものの、守備では降谷が一球目から全力で投げ込んで三者三振に打ち取り、2回からの攻撃では打線が爆発し大量点を挙げます。


継投でマウンドに立った栄純は第一球をデッドボールにしてしまうものの、それ以降は調子を取り戻してアウトを取っていくところでダイアのエース8巻は終了です。


初見の感想としては、エース丹波の負傷によってピンチに陥ったものの、野球部全員が一丸となってエースの復帰を待つという展開に熱くなりました。

一年生コンビも自分のやるべきことを定め、実際に試合でその成果を発揮するなどますます盛り上がりを見せてくれます。


丹波のケガは残念でしたが、監督の丹波に対する信頼とチームへの期待が分かる話でした。


ダイアのエース8巻の感想をまとめると、いよいよ甲子園予選が開幕し、青道ナインの甲子園への道が始まったことで今まで以上に9巻が待ち遠しい巻となっていました。

ダイアのエース8巻を読んでいない人は是非スマホで無料立ち読みだけでもお勧めします。

ダイアのA無料立ち読み

スマホで野球漫画を無料で読めるアプリ!ダウンロードも簡単(^^♪