読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球練習の合間に野球マンガを読もう!!

野球マンガが好きな人人へ!無料アプリを使えば気軽に立ち読み、ダウンロードができますよ!色々な野球マンガのあらすじが載ってます!

野球を学べる!ダイアのエース7巻の感想とまとめ

 

ダイアのエース7巻は、主人公の沢村栄純が所属する青道高校と大阪の強豪校である大阪桐生との練習試合がメインです。


ライバルである降谷に代わってマウンドに立った栄純は、青道高校に入学するきっかけにもなった御幸とバッテリーを組み、ボールの出所が見えないフォームと持ち味のムービングボールで何とか渡り合い3失点に抑える好投を見せました。


続く練習試合では、同地区のライバル校である稲城実業と試合を行います。御幸とエースである丹波がバッテリーとして試合に出場し、息の合ったプレーを見せてベンチも盛り上がりますが、良いムードの中でバッターボックスに立った丹波がデッドボールを受けてしまうのです。


同地区のライバル校である稲城実業の2年生エースである成宮鳴も登場し、甲子園を賭けたライバルたちの同校も気になる展開になっています。


ダイアのエース7巻は、試合のシーンが多く栄純をはじめとする登場人物の練習シーンや日常シーンは多くないため、物足りないという感想を持つ人もいるはずです。しかし、青道高校野球部が甲子園を目指すうえでターニングポイントとなる練習試合が行われているため、ついつい読みふけってしまうのです。

 

練習試合以外にもわずかながら栄純と降谷がタイヤを取り合うお馴染みのシーンが描かれており、ギャグ要素もしっかりと含まれています。

 

ただの野球マンガではなく、野球少年の参考になる!


感想のまとめとしては、チームとしてのまとまりを見せつつあった青道野球部が、エースである丹波がデッドボールを受けたことでどうなっていくのか早く先を知りたいという期待感に集約されます。


また、この巻は、マンガとして面白いだけでなく野球そのものの教材として活用できるほどリアリティがある描写が特徴です。

以前の巻ではタオルを使った投球練習やバッターを前にしたときのピッチングの基本などが学べましたが、7巻ではチームを支えるエースに必要な心構えが学べます。

 

その役どころは主人公である栄純ではなく三年生の丹波ですが、実際に選手の指導をしている人にも読んで欲しいのがダイアのエースなのです。

ダイアのエース7巻を読んでいない人は是非スマホで無料立ち読みだけでもお勧めします。

 

スマホで野球漫画を無料で読めるアプリ!ダウンロードも簡単(^^♪