読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球練習の合間に野球マンガを読もう!!

野球マンガが好きな人人へ!無料アプリを使えば気軽に立ち読み、ダウンロードができますよ!色々な野球マンガのあらすじが載ってます!

キャラクターも魅力的なダイアのエース3巻の感想とまとめ

 

1年生チーム対上級生チームの練習試合で始まる「ダイアのエース」第3巻は、栄純がホームベースに滑り込み1点を返すところからスタートします。

 

チームの士気を上げることに成功した栄純は、監督から投手としてマウンドに立つことを指示されいよいよピッチングを見せることになります。


マウンドに立った栄純は、小湊の好守もあり上級生チームを3球で3アウトに仕留め、勢いに乗ります。寮での同室であり元レギュラーの増子にホームランを打たれたものの栄純はますますピッチングへの意欲を強める結果となったのです。


その後の練習で、栄純と降谷はピッチャー用の特別メニューに取り組むよう指示されます。そして、練習でバッテリーを組むキャッチャーであるクリスと練習に臨みますが、相性が合わないのか口論を繰り返し悪い雰囲気が漂ってしまいます。


一方、関東大会での一回戦では青道高校が苦戦している中、降谷が登板します。圧倒的なピッチングで青道に勢いを取り戻させ、自身の名を知らしめました。


そして、クリスが故障を抱え懸命に復帰しようとしていたことを知った栄純は、クリスに弟子入りするような形で野球そのものを知ろうと努力するのです。

 

新しいメンバーも登場


「ダイアのエース」第3巻は、主人公の沢村栄純に加えライバルとなる降谷暁、抜群のバッティングセンスを持つ小湊春市など魅力的なキャラクターが存在感を示す展開になっているというのが最初の感想です。

 

3年生を中心としたレギュラーメンバーも登場し、いよいよ野球部としての全貌が明らかになってきました。


栄純のピッチングはレギュラークラスには通用せず、その事実を認識したことでさらに練習に励む栄純の姿は読んでいて応援したくなる気持ちを起こさせました。

また、練習でバッテリーを組むことになったクリス先輩とのコンビも、今後の成長を予想せずにはいられない展開です。


まとめの感想として、ダイアのエースとなる栄純の成長がこの巻から始まるということに熱さを感じるものでした。

ダイアのエース3巻を読んでいない人は是非スマホで無料立ち読みだけでもお勧めします。

 

スマホで野球漫画を無料で読めるアプリ!ダウンロードも簡単(^^♪