読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球練習の合間に野球マンガを読もう!!

野球マンガが好きな人人へ!無料アプリを使えば気軽に立ち読み、ダウンロードができますよ!色々な野球マンガのあらすじが載ってます!

野球マンガ、ダイアのAの1巻の感想とまとめ

 

 「ダイアのエース」は、北海道の中学校で野球の全国大会を目指していた主人公である沢村栄純が、卒業と同時に東京の強豪校にスカウトされ、甲子園を目指す物語です。


第1巻は、中学最後の大会で敗退が決まった場面から始まります。野球部の仲間とともに高校で雪辱を誓いますが、学力が足りずに高校への進学が危ぶまれてました。

自宅に帰ると、名門である東京の青道高校野球部副部長が栄純をスカウトするために待っていたのです。


スカウトの誘いに乗って青道高校野球部の練習を見学に訪れた栄純は、雨天練習場やピッチングマシンなどの設備に驚きます。

しかし、伝統校ゆえの個人主義的な練習に異議を唱え、ドラフト候補生であるバッターと対決することになってしまうのです。

 

f:id:kaminarimon2015:20160113015220j:plain

御幸一也との出会い!


この対決でバッテリーを組むキャッチャーは、1年生ながら名キャッチャーとして知られ雑誌にも特集を組まれるほどの名選手である御幸一也です。

栄純は青道高校野球部への進学を真剣に考えていなかったものの、御幸のリードによって自らのピッチング能力が最大限に発揮されることを実感し、スカウトを受けることを真剣に考え始めます。

中学の仲間と離れることに対する葛藤や一人で東京に向かうことの恐怖によって決心が付かなかったものの、父のアドバイスもあり青道高校野球部への進学を決めました。


そして部活での初練習に挑むものの、寮で同室となった先輩との遊びに付き合わされ初日から遅刻してしまいます。監督を怒らせてしまった栄純は、遠投で90メートル以上離れたフェンスに当てられなければ投手を諦めることになってしまいました。果たして栄純は遠投を成功させられるのでしょうか。


ダイアのエース第1巻をまとめると、このようなあらすじになります。感想としては、地元を離れ東京に進学し野球部の練習に挑むというストーリーの中で、栄純のピッチャーとしての素質を感じさせる描写が随所に現れ今後の展開に大きな期待が持てる構成になっています。

 

所々でギャグも織り交ぜられているため読み疲れしません。
続巻も是非読みたいという感想がふさわしいダイアのエースの第1巻でした。

ダイアのエースを読み始めてない人は是非スマホで無料立ち読みだけでもお勧めします。

 

 

ダイヤのA(1) (講談社コミックス)

ダイヤのA(1) (講談社コミックス)

 

 

スマホで野球漫画を無料で読めるアプリ!ダウンロードも簡単(^^♪