読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球練習の合間に野球マンガを読もう!!

野球マンガが好きな人人へ!無料アプリを使えば気軽に立ち読み、ダウンロードができますよ!色々な野球マンガのあらすじが載ってます!

マンガ「ルーキーズ」7巻のまとめと感想

 

前回二子玉川学園高校対目黒川高校の戦いが始まりましたが、この試合もいよいよ中盤へと入っていきます。

 

最初はやる気のなかった目黒川高校の野球部員たちも、次第に勝利のために真剣に野球に取り組み始めます。

マンガ「ルーキーズ」7巻の感想は、そんな各自の心情の移り変わりの部分から始めたいです。


目黒川高校の部員たちは元々野球の才能に溢れた選手たちだけで構成された集団なので、最初のうちは個人プレーばかりでほとんど野球に集中できていませんでした。仲間が打たれたりミスをしても何のフォローもせず、むしろ嘲笑したりしていましたが、その結果素人の集まりである二子玉川学園高校と、まさかの接戦を演じます。


そんな目黒川高校のメンバーが、次第にその実力の片鱗を見せつけ始めます。それもこれも、二子玉川学園高校監督である主人公・川藤幸一の言葉に心を揺れ動かされたからでしょう。

 

「お前らは何のために野球をやってるんだ」「こんなバカげたつまらないプレーしかできないならやめてしまえ」「楽しくない野球なんかやめてしまえ」という言葉は、彼らだけではなく、読んでいるこちら側の心も熱くさせてくれます。

 

目黒川高校の野球部メンバーたちの名前を一人ひとり呼びながら、「お前ら野球が好きだから始めたんじゃないのか」「そしておまえらがうまくなれたのはそれだけの努力をしてきたからだろう」「そんな努力の日々を、夢を、野球をバカにするな」というセリフは、野球をしていて何度も挫折を味わったことのある方にぜひ読んでみてもらいたい場面です。

 


しかし逆にそのことが目黒川高校側に火をつけてしまい、二子玉川学園高校がピンチに陥ってしまうのですが、それも今回のマンガの見どころでもあります。

 

野球マンガのルーキーズのこの試合も、ついに終盤へと突入していきます。続きが読みたい方も、まずはスマホで無料の初回を読んでいただきたいものです。

 

野球というスポーツの素晴らしさ、仲間を信じることの大切さを学べるので、読む価値は相当高いはずです。

 

スマホでも無料立ち読みできるので、是非読んでみることをお勧めします。

 

スマホで野球漫画を無料で読めるアプリ!ダウンロードも簡単(^^♪