読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球練習の合間に野球マンガを読もう!!

野球マンガが好きな人人へ!無料アプリを使えば気軽に立ち読み、ダウンロードができますよ!色々な野球マンガのあらすじが載ってます!

マンガ「ルーキーズ」14巻のまとめと感想

 

これまでに様々な出来事があったマンガ「ルーキーズ」も、ついに14巻で最終回を迎えます。

 

ここまでこのマンガを読んできた方々は、実に多くの感想をお持ちのはずです。


紆余曲折あった二子玉川学園高校の面々も、この最終巻でついに因縁の相手である目黒川高校との試合に入ります。ただでさえ才能溢れる江夏や河埜といった面々にチームワークという武器が加わり、目黒川高校は本当に手ごわい相手へと成長していきました。


しかし試合そのものよりも、主人公である川藤幸一の進退に関わる出来事が起こります。この前の笹崎高校との試合で相手校のベンチに入って抗議をしてしまった川藤に、大会側から猛省を示すよう要請が入ります。ここで川藤は以降の試合を全て謹慎するという決断を下すのですが、これが選手たちの士気に多くの影響を与えます。


また二子玉川学園高校ナインにも悲劇が起こります。

目黒川高校の卒業生たちとの乱闘騒ぎが起き、この時にエースの安仁屋が脇腹を負傷してしまいます。

二子玉川学園高校はただでさえ若菜や関川などがケガを抱えている状態なのに、エースの負傷によってさらに絶望的な状況に立たされてしまいます。

このような時に川藤が一体どのような行動を起こすのか、絶望的な状況の野球部員たちに一体どのような言葉をかけるのかが最大のポイントです。


このルーキーズというマンガを通して、夢を見ることや仲間を信じることの大切さなどを学んだ方もきっと多いことでしょう。

 

主人公の川藤幸一による「夢にときめけ。明日にきらめけ。」という言葉は、読者一人ひとりの心に深く刻み込まれたはずです。

これを読んで自分も何かやってみようという気持ちになり、少しでも自分の夢に向かって進もうという考えが生まれれば良いのではないでしょうか。


もしこれからルーキーズのマンガを読もうと考えている方は、ぜひスマホで無料の1巻を読んでみてもらいたいです。

 

これからわざわざコミック本を買わなくても良いので荷物になりませんし、スマホを持っているだけで外出先で自由に読むことも可能です。

すごく便利なシステムなので、ぜひ活用してみてもらいたいです。

スマホで野球漫画を無料で読めるアプリ!ダウンロードも簡単(^^♪

 

スマホで野球漫画を無料で読めるアプリ!ダウンロードも簡単(^^♪