読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球練習の合間に野球マンガを読もう!!

野球マンガが好きな人人へ!無料アプリを使えば気軽に立ち読み、ダウンロードができますよ!色々な野球マンガのあらすじが載ってます!

マンガ「ルーキーズ」13巻のまとめと感想

 

マンガ「ルーキーズ」13巻では、ついに始まった二子玉川学園高校対笹崎高校の試合が、ついにクライマックスを迎えます。

 

その結果が一体どうなるのか、読んでいて非常に気になった方もきっと多いはずです。読者側もおそらく、たくさんの感想を持つことができるでしょう。


笹崎高校のエースである川上のフォークになかなか手が出なかった二子玉川学園高校ナインでしたが、マネージャーの八木塔子がキャッチャーに癖があることを見抜きます。

しかし安仁屋にはそんなことが一切関係なく、フォークを思いっきりライト方向へ打ち抜きます。

三塁ベースコーチだった平塚の無謀な指示により三塁とホームの間で挟まれてしまいますが、安仁屋自身の機転によってホームまで生還することができました。その後平塚がキャッチャーの癖のことを見事にばらしてしまう部分はやっぱりルーキーズというマンガらしいですが、このあたりから徐々に川上の心境に変化が現れ始めます。


そもそも笹崎高校は徹底的に勝ちにこだわる「勝利至上主義」という野球スタイルなので、ピッチャーの川上にバッティングをさせなかったり、危険な場面では敬遠をさせたりと、いかに合理的に勝つかを追求します。

 

しかし二子玉川学園高校メンバーの必死な姿に、川上の心は徐々に揺らぎ始めます。

そんなやり取りを見ていた川藤幸一が、笹崎高校ベンチに向かってついに動きます。相手の千葉監督に向かって一体どんなセリフを言うのか、ぜひスマホで無料マンガから読んでみてもらいたいです。


そして最も重要な場面は、最終回の湯舟のシーンでしょう。湯舟がバッターボックスに入る直前に平塚から「この世の誰よりもスイングの速い男になる」催眠術をかけられ、結果的にヒットを打った場面のところは、思わず笑ってしまいました。

 

その後代打で登場した平塚による「悪球打ち」が飛び出しますが、これは残念ながら同点打どまりとなってしまいます。

 

しかしこれらは結果的に後の大逆転を生み出すきっかけとなる出来事だったので、いかに重要なシーンだったかが分かるはずです。やはり平塚という男は、ただ物ではありません。

http://baseballmanga.hatenablog.com/

スマホで野球漫画を無料で読めるアプリ!ダウンロードも簡単(^^♪

スマホで野球漫画を無料で読めるアプリ!ダウンロードも簡単(^^♪