読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球練習の合間に野球マンガを読もう!!

野球マンガが好きな人人へ!無料アプリを使えば気軽に立ち読み、ダウンロードができますよ!色々な野球マンガのあらすじが載ってます!

「ルーキーズ」2巻のまとめと感想



マンガ「ルーキーズ」2巻の感想ですが、見所はやはり主人公たちの二子玉川学園高校と用賀第一高校との練習試合の場面でしょう。

 

そもそも二子玉川学園高校の野球部は活動停止状態なので、用賀第一高校との練習試合を組むことすらままならないはずなのですが、主人公の川藤幸一が自分の辞表をかけて野球部を活動開始させようとする姿は、まさに感動するシーンです。


そして今回初めて川藤幸一の名言である「夢にときめけ」「明日にきらめけ」が登場します。この言葉は結構シンプルかもしれませんが、実はかなり奥が深いと感じました。

最初は野球部員たちもこの言葉を非常に馬鹿にした気持ちで聞いていましたが、彼らの心を徐々に動かしていきます。


また特に印象的だったのは、野球部のグラウンドの草むしりを行う場面です。最初は川藤と野球部員の御子柴と関川だけで行っていましたが、訳あってサッカー部のグラウンドの分までやらなければならなくなってしまいます。

 

しかし寝不足のため朝まで熟睡してしまい、結局は失敗してしまうのですが、このことがきっかけで不真面目だった野球部員たちが野球をやってみようという気持ちにさせられてゆく姿に、思わず感動を覚えました。

 

特に川藤と若菜のやり取りのシーンはすごく胸が熱くなります。「クズなんかじゃねー」「俺はクズなんかにゃなりたくねー」という若菜の言葉に、読者側も共感を覚えた方は非常に多いはずです。

 

そして若菜の「俺が今からアメリカ大統領になりたいっつってもあいつだけは真剣に聞いてくれるよ。そんな奴だ」というセリフはちょっとクサいですが、生徒が教師を信頼する実に素晴らしい言葉だという印象を受けました。


そんなルーキーズというマンガを、スマホがあれば読むことができます。しかもマンガの第1巻が無料で試し読みができるので、もしまだ読んだことがない方がいたら、ぜひ一度読んでみることをお勧めします。

 

きっと心を打たれるはずですし、一度野球をやってみようかなという気持ちにさせられるはずです。

スマホで野球漫画を無料で読めるアプリ!ダウンロードも簡単(^^♪

スマホで野球漫画を無料で読めるアプリ!ダウンロードも簡単(^^♪