読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球練習の合間に野球マンガを読もう!!

野球マンガが好きな人人へ!無料アプリを使えば気軽に立ち読み、ダウンロードができますよ!色々な野球マンガのあらすじが載ってます!

「ルーキーズ」1巻のまとめと感想

 

野球マンガの人気は絶大ですが、その中でも特に人気を誇っていたのが「ルーキーズ」です。

実際に連載されていたのは結構昔ですが、こんな面白いマンガが今ではスマホで無料で読めるため、まだ読んだことのない方はぜひ一度読んでみてもらいたいです。そんなルーキーズ第1巻の感想です。


物語の舞台は二子玉川学園高校という場所で、新人教師である川藤幸一が野球部顧問となり、部員たちと一致団結しながら甲子園を目指すというストーリーです。

 

もともと彼は野球の経験がなくルールも全く知りませんでしたが、本人の努力の甲斐もあって、次第に野球の知識を蓄えていきます。

 

生徒に対してもの凄く真面目に接してくれるため、こんな先生がいればと思った読者も非常に多いことでしょう。

 

また教頭先生や同僚の教師とのやり取りは、まさに爆笑してしまうこと間違いなしです。
ちなみにこの野球部に所属する部員たちが実に一癖も二癖もある連中ばかりで、野球経験者もいれば全くの初心者もいます。

 

こういった面々が甲子園を目指すという設定はいかにもマンガらしいといえばそれまでですが、その分読む人がストーリーに入っていきやすく、感情移入もしやすいのでこれほどの人気になったのかもしれません。


部員たちの中でも特に人気が高かったのが安仁屋恵壹で、中学時代はスター選手として

 

大活躍をしていましたが、高校生になってから挫折を味わってしまいます。

川藤に向かって遠くからボールを投げて挑発をしたり、タバコのことを注意されたことに腹を立てて顔面を殴ったりしてしまいます。

 

それでも川藤は諦めず、彼や他の部員らを何とか野球へ振り向かせようと努力していきます。読んでいる方もきっと心を熱くさせられるでしょう。


ちなみに個人的に好きだったのが、後にキャプテンとなる御子柴徹です。彼は普段からボールに触ったり河原でボール投げをしたりして野球への情熱を諦められませんでしたが、川藤の自転車に二人乗りをしながら熱い言葉を聞き、それに涙するシーンはとても心を揺さぶられました。

スマホで野球漫画を無料で読めるアプリ!ダウンロードも簡単(^^♪

スマホで野球漫画を無料で読めるアプリ!ダウンロードも簡単(^^♪