読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球練習の合間に野球マンガを読もう!!

野球マンガが好きな人人へ!無料アプリを使えば気軽に立ち読み、ダウンロードができますよ!色々な野球マンガのあらすじが載ってます!

マンガ「ルーキーズ」8巻のまとめと感想

 

マンガ「ルーキーズ」8巻は、ついに終盤に差し掛かった二子玉川学園高校対目黒川高校の試合がどのように決着するのかが描かれています。今回の感想は、二子玉川学園高校がどうやって目黒川高校に勝利しようとするのかについて書きます。


試合が終盤に行くにつれて、徐々に両校の実力差が顕著に現れ始めます。もともとエリート集団である目黒川高校の面々は、最初はバラバラでチームプレーができる状態ではありませんでしたが、川藤の言葉に触発されて徐々に勝利のために動き始めます。

 

そのため安仁屋や御子柴以外ほとんどの部員が素人に毛の生えた程度である二子玉川学園高校は、一気に窮地に陥ってしまいます。


川藤や御子柴などは何とかチームを鼓舞しようと声を上げますが、やはりその実力差を目の当たりにしてしまうとどんどん勝つことへの疑問が湧いてきてしまい、次第にチームの士気も下がっていきます。

特に目黒川高校がやった連続ホームランは、二子玉川学園高校のメンバーの心を完膚なきまでに叩きのめしてしまいました。


でもそこから何とか立ち直っていった二子玉川学園高校は、ついに逆転のチャンスを掴みます。そしてここまで全く活躍できていなかった桧山へ、川藤は代打に伏兵の平塚を送ります。結果的にこのことが功を奏し、平塚は良い意味でマンガらしい「代打逆転満塁ホームラン」という快挙を成し遂げます。

 

ここが今回の最高の場面ですが、その前のシーンで涙を浮かべながら抗議する桧山の姿に、心を打たれた読者はきっと多いはずです。


そして終盤に目黒川高校の江夏卓の仲間たちが乱入しようとするシーンがありますが、江夏はそれをバットを投げつけて自ら止めます。一番不真面目だった者がついに勝利のために本気になった瞬間は、まさに胸が熱くなるでしょう。


最初のうちは喧嘩ばかりだったこのルーキーズというマンガも、いよいよ野球シーンが満載になってきました。もしスマホを持っているなら最初の方は無料で楽しめますし、ぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。

 

マンガ「ルーキーズ」8巻は、ついに終盤に差し掛かった二子玉川学園高校対目黒川高校の試合がどのように決着するのかが描かれています。今回の感想は、二子玉川学園高校がどうやって目黒川高校に勝利しようとするのかについて書きます。


試合が終盤に行くにつれて、徐々に両校の実力差が顕著に現れ始めます。もともとエリート集団である目黒川高校の面々は、最初はバラバラでチームプレーができる状態ではありませんでしたが、川藤の言葉に触発されて徐々に勝利のために動き始めます。

 

そのため安仁屋や御子柴以外ほとんどの部員が素人に毛の生えた程度である二子玉川学園高校は、一気に窮地に陥ってしまいます。
川藤や御子柴などは何とかチームを鼓舞しようと声を上げますが、やはりその実力差を目の当たりにしてしまうとどんどん勝つことへの疑問が湧いてきてしまい、次第にチームの士気も下がっていきます。

 

特に目黒川高校がやった連続ホームランは、二子玉川学園高校のメンバーの心を完膚なきまでに叩きのめしてしまいました。


でもそこから何とか立ち直っていった二子玉川学園高校は、ついに逆転のチャンスを掴みます。そしてここまで全く活躍できていなかった桧山へ、川藤は代打に伏兵の平塚を送ります。

 

結果的にこのことが功を奏し、平塚は良い意味でマンガらしい「代打逆転満塁ホームラン」という快挙を成し遂げます。ここが今回の最高の場面ですが、その前のシーンで涙を浮かべながら抗議する桧山の姿に、心を打たれた読者はきっと多いはずです。


そして終盤に目黒川高校の江夏卓の仲間たちが乱入しようとするシーンがありますが、江夏はそれをバットを投げつけて自ら止めます。一番不真面目だった者がついに勝利のために本気になった瞬間は、まさに胸が熱くなるでしょう。


最初のうちは喧嘩ばかりだったこのルーキーズというマンガも、いよいよ野球シーンが満載になってきました。もしスマホを持っているなら最初の方は無料で楽しめますし、ぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。

 

スマホで野球漫画を無料で読めるアプリ!ダウンロードも簡単(^^♪

スマホで野球漫画を無料で読めるアプリ!ダウンロードも簡単(^^♪